私が頭頂部の薄毛を気にし始めたのは20代前半。

おでこももともと広く、その不安から頭頂部も合わせ鏡で見るようにしていたんですね。

でも、その時はネットが今のように普及する前だったので誰かに相談するわけでもなく、育毛について調べるわけでもなく、放置していました。

ほら薄毛って気にするとどんどん薄くなるって言われているじゃないですか。なので気にしないようにしてました。

それから時が経ち、今私は30代後半。

生え際の後退が顕著になりかなり気にし始めました。これはしっかり薄毛対策をしないとヤバいなと。

もちろん合わせ鏡でつむじ付近もチェックしますよ。

美容室で髪を切ってもらったときつむじ付近をザクザク梳かれるとちょっとイラっとしますもんね。

さてそんな話はさておき、

生え際の後退が気になった初期のころはつむじは今までとそこまで変わらずでしたが、M字の後退が進むにつれつむじもだんだん薄くなってきた感じがしました。

そして育毛を決心したのが、私の同僚(女性)の旦那のつむじがかなり薄くなってしまったようで、その人曰く私の旦那はザビエルだ!

なんて言ってたもんですから、

ものすごく同僚の旦那さんに同情してしまってそれと同時に自分も嫁にそう言われないように、むしろ人にハゲネタにされるのが一番いやだ!と思ったんです。

会ったことも話したこともないけどそこの旦那さんに同情します。(2度言いました)

生え際の後退、M字ハゲならまだ男らしさが残るので100歩譲ってもまだマシなんですよ。

でも、つむじの薄毛だけはどうしても譲れない。ザビエルだけは嫌だ!

そう思って本格的な育毛を始めたんですよね。

今って便利ですよね。インターネットが普及していて。20代前半のころの情報量とは大違いです。

そして私の趣味はスポーツです。なんと私の育毛はその大好きなスポーツと関連付けて育毛を促進することが出来るということを知りました。

まあ、この方法まで書いているとかなり長くなるし、もうすでにまとめているので私の育毛方法についてはこちらを参照ください。

一番下のほうにコンテンツを用意してます。

キャピキシルを使った私の育毛方法

話が脱線しましたが、そうやって育毛をしていくことになりました。

私は育毛剤をたくさん使ってきた!でも効果は不十分な日々だった

育毛剤もこれまでいろいろ試したのですが、思ったよりも効果を得られたものはなかったです。

そこでキャピキシル。

キャピキシルってつい最近の育毛成分でカナダの化粧品会社が開発した育毛成分です。

私の趣味は格闘技ですが、同時に筋トレも欠かさず週2から週3回欠かさず行います。

筋トレをすると成長ホルモンの分泌が活性されるので育毛に効果的です。

そして私の薄毛は典型的な男性型脱毛症agaであることから男性ホルモンの抑制作用が必要です。そこへ豆乳によるイソフラボンの活用です。

つまり育毛は筋トレと豆乳、発毛はキャピキシルによる発毛作用を利用することにしました。

キャピキシルで頭頂部の薄毛の発毛は比較的簡単です。

なぜなら、頭頂部は生え際に比べ皮膚が柔らかく血行を促進しやすいと同時に頭皮が硬くなっても頭皮マッサージと育毛剤で頭皮を柔らかくしやすいです。

生え際よりも育毛は簡単です。