キャピキシル成分を使ってagaって防げるのか?

これって完全に防げるわけではないんですよね。

普通に考えてみてください。

今育毛クリニックによる一般的なaga治療はプロペシアとミノキシジルをつかったaga治療です。

なのでキャピキシル単体での育毛は効果が0というわけではないですが、それだけでは思ったよりもagaは阻止できないでしょう。

agaの原因は

aga男性型脱毛症はそもそもすべて毛乳頭細胞内で活動します。

血液から送られてきたテストステロン(男性ホルモン)と毛乳頭細胞内にある5アルファリダクターゼ2型と酵素結合しジヒドロテストステロンに代わります。

さらに毛乳頭細胞にあるアンドロゲン受容体とジヒドロテストステロンが結合しTGFβ-1という非成長因子を発生させます。それがヘアサイクルを休止期に追いやり髪の毛が抜け、再度生えてくるの髪も生えなくなるのです。

こう言った一連の流れをagaと言います。

それを防ぐには、男性ホルモンの過剰分泌の抑制、5αリダクターゼとの酵素結合を阻止する。

さらに髪の成長因子を大量発生させヘアサイクルを健全化していく必要があります。

aga専門のクリニックで処方されるプロペシアなどフィナステリド成分には男性ホルモンの抑制作用があります。

ただデメリットが副作用で、直接飲むタイプなので頭髪に関係ない男性ホルモン作用まで抑え込んでしまい、その結果性欲減退などの副作用を生じることがあります。

はっきり言って薄毛が嫌なのは男性としてのプライドを保ちたいからですよね?

髪の毛生えてきたのはいいがアッチのほうが役立たずになったらそれこそプライド、ズタボロじゃないですか?

私はそれが嫌なのでプロぺなどは使わないです。

キャピキシルでaga対策をするなら

キャピキシルは今のところ直接頭皮に塗布するタイプしかありません。

キャピキシルには男性ホルモンを抑制する作用と発毛を促す作用の2つの作用があるためaga対策にはとても良い育毛成分です。

なんでキャピキシルでagaは改善されないの?

では、なぜ冒頭でお伝えしたようにキャピキシルは男性のagaに効果的でないのか?

それは、

生活習慣病ってあるじゃないですか?

生活習慣病ってお薬も出されますが、改善していくには日頃の生活習慣が一番大切なんですよ。

例えば糖尿病の数値を改善したいとき、薬だけで数値を抑えるだけじゃ何の改善にもなってないんですよね。

そこには運動然り、食事制限然り。

そこへ治療薬を併用して初めて糖尿病の数値は改善に向かうのです。

agaもある意味生活習慣病の側面があります。

あなたは食事の偏りがありませんか?睡眠足りてますか?運動してますか?ってな話なんです。

このうち一つでも改善しながらであれば、キャピキシルはあなたのagaを改善してくれるでしょう。

なのでお薬だけに頼った病気の改善が無いように、育毛剤だけに頼ったagaの改善もないわけです。

ん~、言いたいことわかりますか?

じゃ、これを書いている私はどんな育毛をしているの?教えてよ。と思っている方はこちらの記事の一番最後のほうで私の育毛方法をご紹介しています。

キャピキシル育毛剤を使った私の育毛方法