キャピキシルとミノキシジル併用しても大丈夫ですが、キャピキシルのほうがミノキシジルの3倍の発毛効果があるのにミノキシジル使う意味ありますか?

キャピキシルの詳細はこちら キャピキシルが含まれる注目の育毛剤

ミノキシジルにはキャピキシル同様直接頭皮に塗るタイプの育毛剤と、飲むタイプのミノキシジルタブレットがあります。

キャピキシルを直に頭皮から塗り、ミノキシジルタブレットを飲めばより発毛効果を実感できるかもしれませんね。

私はミノキシジルやプロペシアなど副作用のある医薬品は絶対NGで育毛をしているので、キャピキシルとミノキシジルは併用したことがありません。

でも理論的にはそんな感じですよね。

私はキャピキシルとブブカを併用していた

でもキャピキシルと育毛剤ブブカは併用したことがあります。両方とも塗るタイプの育毛剤です。

私の中で育毛は「発毛」と「育毛」に分けて考えるのでキャピキシル=発毛、ブブカ=育毛で毎日育毛に励んでいました。

でも、今更ですが、ブブカを使う意味があまりないことに気が付きました。

なぜならそこまで効果を実感できなかったからです。

育毛という行動をもう少し細かくしていくと男性ホルモン抑制➡発毛➡育毛という順番で行っていかなければ意味が無いことに気づきます。

ということはブブカを使う前に男性ホルモンを抑制しなければいけない。でも男性ホルモンの抑制にはプロペシアなどに含まれる医薬品指定のフィナステリドが効果的。

でもでも、それも副作用がある。しかも性欲減退系の…。

ということでフィナステリドはミノキシジル同様使えないので、サプリメント類の男性ホルモン抑制成分を摂取するか、運動+豆乳で男性ホルモンを抑制するかになったのです。

ブブカを使う意味が全くないというわけではないですが、そもそも育毛は体の内側と外側からのwアプローチが必要です。

なのでブブカを止めて体の内側に焦点を当てるようにしました。

そしてたどり着いた私の育毛方法が、体の内側は筋トレによる運動+豆乳で男性ホルモンの抑制と育毛を促進。これについてはこちらで詳しく説明(下の方に書いてますよ!)

私の育毛方法はトップ記事の一番下の方でご紹介しています!

そして発毛に関してはキャピキシルを使っていくという育毛方法に落ち着きました。

この方法はなかなかの効果で健康的で気に入ってます。